スポーツ少年団の各種交流・交歓大会及び練習試合等に参加する場合の留意事項


スポーツ少年団重点施策(事務の手引より)


1 登録団員の促進と拡充

  スポーツ少年団登録を促進し、県スポーツ少年団の発展・充実に努める。

(1)女子団員・女性指導者の登録促進

(2)中学生・高校生のスポーツ少年団活動の継続奨励

(3)単位団における複数指導者の登録促進(団指導者・特技指導者・育成指導者)

2 スポーツ少年団組織の充実と望ましい団活動の促進

  単位団・市町村スポーツ少年団組織をさらに充実し、スポーツ少年団の基本理念に即した望ましい団活動の促進に努める。

(1)県並びに市町村スポーツ少年団組織の整備強化

(2)単位団代表指導者に有資格指導者の就任促進

(3)指導者と地区・市町村スポーツ少年団担当者との連携の強化

(4)単位団の全活動領域における適切な実践活動の奨励
  ア発達段階、個人差に応じた指導の徹底
  イ週2〜3回、1回の活動時間は2時間程度のスポーツ活動の実施

(5)単位団における年間活動計画の充実および運動適正テストの実施

(6)活動時における安全確保とスポーツ安全保険への加入

(7)単位団における体罰等暴力の根絶に向けた取組の徹底

3 指導者及び母集団の資質向上

  スポーツ少年団の理念に基づく指導が出来る指導者・母集団の養成と資質向上に努める。

(1)日本スポーツ少年団理念及び指導者綱領遵守の徹底

(2)指導者と母集団の連携の強化

(3)スポーツリーダ兼スポーツ少年団認定員養成講習会の受講促進

(4)スポーツ少年団認定員再講習会の受講促進

(5)地区・市町村スポーツ少年団指導者等研修会の開催

(6)既存認定員の再講習(研修)の取組促進

(7)認定育成員研修会及びジュニアスポーツ指導員(認定育成員)養成講習会の受講促進

(8)九州・全国指導者研究大会等へ計画的な派遣

4 リーダーの育成と資質向上

スポーツ少年団の理念に基づく活動ができるリーダーの育成と資質向上に努める。

(1)市町村スポーツ少年団におけるリーダーの育成と組織の整備

(2)県スポーツ少年団リーダー研修会等の開催

(3)県ジュニア・リーダースクールの開催

(4)全国シニア・リーダースクールへの計画的な派遣

(5)九州ブロックリーダー研究大会への計画的な派遣

(6)全国リーダー連絡会への計画的な派遣

5 交流活動の推進

スポーツ少年団相互交流により、友好と親善、情報交換、国際的感覚を高め、本県スポーツ少年団活動の充実と活性化に努める。

(1)地域交流活動の実施

(2)県競技別交歓大会の実施

(3)九州ブロック競技別交流大会への派遣

(4)全国スポーツ少年団競技別交流大会への派遣

(5)九州ブロックスポーツ少年大会への派遣

(6)全国スポーツ少年大会への派遣

(7)日独スポーツ少年団同時交流(派遣・受入)の実施