役員名簿









 会長挨拶   チーム代表指導者    役員紹介  協会登録チーム



小 野  正 男
コロナ感染拡大 鹿児島県独自「緊急事態宣言」発令


 世界に『新型コロナ・ウイルス菌』が確認されてから1年9か月近くになりますが、勢いは衰えず今では新型から変異型ウイルスに変身して蔓延させています。


 世界中の感染者は2億500万人以上、死者も430万人を超えたと報道されています。日本でも感染者111万人以上、内鹿児島県では5000人近くの方の感染が確認されています。(2021.08.13現在)


 国は、感染拡大防止策として大都市を中心に緊急事態宣言・まん延防止等重点措置などを何回も講じていますが収まる気配はなく、8月12日には1日の国内新規感染者数が2万人を超え最多を更新している現状です。鹿児島県でも、ここ数日連続で最多を更新しました。(県内の1日の新規感染者数158人8/12 過去最多)


 県は8月12日、新規感染者数に歯止めがかからないことから、警戒基準をステージ4(感染者爆発的拡大)に引き上げ、県独自の「緊急事態宣言」を発令し、県民に期間中の8月31日まで、不要不急の外出自粛や県外との往来・來県の中止を求めています。


 これに伴い鹿児島市スポーツ少年団本部は、発令期間中のスポーツ少年団活動について下記のような通知を各単位団指導者・育成会宛にしました。


 @   他チームとの交流は自粛し、単位団のみでの活動にとどめること。


 A   ただし、単位団での活動についても慎重に検討し、保護者の理解と承諾対策を徹底し、各単位団の判断と責任の下で行うようお願いする。としています。


 夏休みも後半に入り、単位団の楽しみにしている諸行事もたくさん残っているでしょうが、感染は命に繋がる恐れもあります。


 8月下旬に計画されていた「こけけ旗杯」もコロナ対策で中止になりました。感染対策は機会あるごとにお願いしておりますが、期間中(夏休み)の単位団の活動内容は、代表指導者を中心に指導者・育成会双方一致・納得の上での活動にしてください。お願いいたします。


 最後に、大変なご時世になっておりますが、ソフトボールスポーツ少年団は、「地域青少年の健全育成に役立っている。」と社会は認めてくれています。よって、この歴史ある活動は絶やすことなく、末永く継続していかなければならないといつも互いに肝に銘じておきましょう。


今 後とも県連絡協議会活動にご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


2021年8月16日