役員名簿









 会長挨拶   チーム代表指導者    役員紹介  日本ソフトボール協会登録団



小 野  正 男
ひとり一人の努力で楽しく、明るいソフトボールスポーツ少年団を守りましょう

(第47回県ちび終了・令和3年度お願い)


 2020年早々世界に拡大した『新型コロナウイルス菌』、今では『変異型コロナウイルス菌』に進化蔓延しています。日本もワクチン接種が始まりましたが、量の関係から誰でも、いつでも自由に接種できる環境ではなく、多くの民は行政からの連絡通知を待っているのが実情です。


 さて、第47回県ちびっこソフトボール大会の開会式はコロナ感染対策上中止しましたが、密集を避けての試合は開催いたしました。

 大会(試合)初日、3日目は雨になり各球場とも、悪いグランドコンディションになりましたが、本大会の主管をして頂いた川薩地区連絡協議会の皆さまをはじめ多くの関係者のご尽力を頂き、大きな事故もなく、一般の部「細山田」の初優勝、女子の部「指宿女子」の2回目の優勝で日程通り閉会でき感謝感激で一杯でございます。

 また、団員、指導者、育成母集団の皆さまもガイドラインに基づく感染対策を施していただきました。誰も経験したことのないコロナ禍の中での大会(試合)でしたが、たくさんの関係者の皆さまのご理解、ご協力そして叱咤激励のお言葉を頂き誠にありがとうございました。


 令和3年度、全体総会はコロナ感染対策上開催できませんが、早速全国大会予選が始まります。本年度も行政や関係団体からコロナ対策上の規制・制約はあると予想しております。社会が求めている不要不急の外出自粛やマスク・3蜜・手洗い消毒など新しい生活習慣を取り入れることで、少年団の練習や交流試合等の活動に支障が生じることもあるでしょうが、団員の大きく明るい声が野外いっぱいに木霊する日が一日も早くくるように、コロナ対策は勿論、熱中症対策、水難・交通事故対策等みんなで力を合わせ楽しく、明るい団活動に頑張りましょう。


 皆様にお願いです。密となる集団での行動はできませんが、互いにがまんしながら頑張っている親子、1日の終わりには親は子供に拍手を、子供は親に感謝の意を込めて拍手を、そして家族全員で、感染も恐れずウイルスと向かい合っておられる多くの方々に大きな拍手を送りましょう。


 最後に大変なご時世でございますが、ソフトボールスポーツ少年団は、末永く継続していかなければならないといつも肝に銘じ合いましょう。今後とも県連絡協議会活動にご理解とご協力をお願いいたします。


2021年 5月